青空と墓地

終活で家族にも自分にもピッタリな霊園を探しておきましょう

今のうちに「霊園」を探しておこう

仏花の花束

「霊園」という言葉に聞き覚えはありますか?広がる芝生の中に、低いタイプのいろんな形の墓石が整然と立ち並んでいる…なんとなくそういうイメージを持っている人がいるかもしれませんね。実は「霊園」と「墓地」は異なるものです。霊園とは、どんな宗教・宗派の人も利用できる広々としたものの事を指し、墓地は特定の宗教・宗派を信仰している人が利用できる、おもに寺院に併設されているもののことを指します。
霊園の特徴としては、
・永代使用料を一括で支払い、ずっと土地を借りられる。
・管理費を毎月支払う。
・事務所、トイレ、駐車場などの設備が併設されている。
ということです。永代使用料は、都道府県の各地によってまちまちですが、東京都内で最高200万円ほどするようです。これより気を付けたいのは、管理費です。毎数千円から1万円強の支払が多いのですが、これが滞るとお墓の管理をしてくれなくなるおそれがあります。ちゃんと子孫が支払える金額、仕組みを作っておきましょう。霊園内の設備は、寺院の墓地と違って霊園ならではの特徴です。清潔でよく行き届いて計画された作りになっています。お墓参りなどの時に大変便利です。
霊園のもう一つの特徴は、生前購入を広く受け付けているところです。自分好みのデザインの墓石、墓石の位置などをゆっくり選ぶことができるでしょう。

墓地や霊園を選ぶ前に知っておきたいこと

霊園と墓地との大きな違いにはどのようなものがあるでしょうか。大きくはその制度にあります。墓地は寺院の境内、もしくは寺院の近隣にあることが多く、墓地を購入する場合は寺院の檀家にならなくてはいけません。寺院は宗派によって分かれていますので、自分の属する宗派の墓地を選択するのが一般的です。
霊園は寺院に属さない墓地で、民営霊園と公営霊園が存在しています。宗派や宗旨不問のところが多く、ほとんどの霊園で国籍の制約もありません。民営霊園は公益法人や宗教法人が運営しており、公営霊園は都道府県や市町村などの自治体が運営しています。公営霊園は民営霊園に比べ、永代使用料や管理費が安い傾向にあります。永代使用料とはその墓所を使用できる権利料のことで、管理費とは霊園全体の維持管理のために使われる費用です。全体的に費用が安く抑えられるため応募者も多く、応募者多数の場合は抽選になることもあります。
永代供養を希望する場合は永代供養料がかかります。永代供養料は寺院や霊園が永代に渡って供養するための費用です。永代供養の期間は寺院や霊園によって様々なため、期間については事前に寺院や霊園に確認が必要です。霊園は郊外にあることが多いため、霊園を選ぶ際は交通のアクセスや駐車場についても調べてみるとよいでしょう。

霊園の選び方と家族との話し合いの大事さ

最近では自分が亡くなった後のことを考えて終活をする人が増えて来ています。残した家族に迷惑が掛からないようにと考える人が増えて来たようです。終活の主なものに霊園を探すこともあります。自分が亡くなった後に入るお墓を自分で先に決めておくのです。家族に後々任せると自分の希望通りにいかない場合も多いですので先に霊園を契約する人も増えました。霊園を選ぶ基準としては維持管理の金額であったり家族が墓参りに来やすい場所であったり様々ですが、1番は維持管理費用ではないでしょうか。
やはり自分が生きていた頃と違い、残された家族に維持管理費用はかかって来ますので、娘や息子など残される家族と話し合いを設けるのもいいかもしれません。終活は自分一人の問題で解決出来ませんので、家族で話し合うことも必要です。霊園は終活の中でも最も重要と言っていい事柄ですので、慎重に選んでいきたいものです。
家族によっては自分の希望に添えない場合もあるかもしれませんが、残されてしまう家族のためにも、しっかり話し合って決めることをオススメします。家族で話し合い自分の希望の落とし所を見つけてよい霊園を見つけてこそ、終活が終わると言っても良いかもしれません。最近は素晴らしい霊園もたくさんありますのでいいところが必ずあるはずです。

注目の記事

更新記事

満足のいく霊園を探す時のポイント

現代の多様化するライフスタイルにおいて、家族や自分自身の供養をどうするか。今までの風習通りにやっていけるか、心配する人も多いでしょう。あと取りのいない家や…

more

霊園墓地を選ぶときに気を付ける3つのポイント

最近、終活という言葉がよく聞かれます。人生の終わりのための活動として、亡くなってからではなく生前の間に色々準備をしておく作業のことを言います。この終活で気…

more

墓守がいないなら永代供養ができる霊園がおすすめ

高齢化社会となっている今、霊園のスタイルにも変化が起っています。高齢化や少子化が今後益々進むことが予想されるため、当然ながら墓守が居ない人が増加していくで…

more

失敗や後悔の無い霊園選びをしよう

必ず人に訪れる死。そして、その後は多くの人が霊園などのお墓に入ることになります。でも、霊園選びってなんだかわかりにくくて、つい億劫になってしまいますよね。…

more

新着情報リスト

このページのトップへ